アグアスカリエンテス

アグアスカリエンテスNo.1タコス屋台の紹介

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

どうも、メキシコ駐在員のフアニートです。

今回はメキシコ駐在員生活の7年間で食べに食べ尽くした結果、

アグアスカリエンテスでNo.1のタコス屋台を紹介します。

ここの屋台はどの時間に行っても人がいっぱいです。

僕はタコスでもラーメンでも並んでいる時はテンション上がります。

よだれ垂らしながら、何食べようか考える時間、めちゃくちゃ楽しいですよね?

サボテン君
サボテン君
でも屋台でタコスを食べてお腹を壊すのが怖いよぉ~
フアニート
フアニート
大丈夫!6年間で一度もお腹壊したことないし、紹介した日本人の友達もなんともなかったで!

アグアスカリエンテスNo.1タコス屋台はズバリここやで!!

先月にタコス屋台に行った時のツイートです。

Carnitas Don Lupeの紹介

 

名称Carnitas Don Lupe
場所Av.Guadalupe GonzalesとAv.Universidadが交差する通り、スターバックスが入っているプラザの前(Google map)
営業時間9時~12時
定休日無し
備考かなり人気でお肉が無くなり次第終了。

以前はGoogle Mapに名前が表示されてクチコミも書かれていましたが、2022年1月現在、Map上から消えております。

Google MapにTacos del DIFと記載されていましたが、店主に確認するとタコス屋台の名前は「Carnitas Don Lupe」だそうです。

7年前から屋台のメンバーは変わりません。安定のレギュラーメンバーです。

なんとここでは店員さんがお客さんのことを「Campeón / チャンピオン」と言います。

自然とボクシングで世界タイトルを取った気分になれます。

Tocos del DIFのメニュー

「カルニータス / Carnitas」を具にしたタコスがメインです。

メニュー表などはありませんが、お兄さんに「なんのタコスが提供できるの?」

と聞いた結果、下記のような答えでした。

  1. Surtido / ミックスタコス
  2. Buche / ホルモン
  3. Lengua / タン
  4. Costilla / 骨付きリブロース
  5. Tripa / ホルモン(腸)
  6. Sesos / 脳

価格はすべて17ペソです。(2022年1月現在)

なんと、こんな感じでレバーを無料でタコスに乗せてくれます!!サービス良いね!!

僕はレバーは嫌いですが、ここのレバーだけ食べれます。

肉の臭みや血の味など一切しません。ピュアレバーです。

「カルニータス / Carnitas」とは「ラード(豚脂)で低温調理した豚肉」のことです。ミチョアカン州が発祥の地でメキシコを象徴する料理です。

豚肉を豚の脂肪で何時間も煮込む、つまり、素材には「豚」しか使っていない、究極の豚肉料理です。

Tocos del DIFの楽しみかた

屋台のタコス屋なので駐車場はもちろんありません。

このように屋台前の道路に路上駐車の車がひしめき合ってます。

何食わぬ顔で路上駐車をカマした後、タコス屋台の横にあるジュース屋さんでジュースを注文します。

メニューは以下

  1. Jugo de naranja / オレンジジュース
  2. Jugo de toronja / グレープフルーツジュース
  3. Jugo verde / 緑中心のミックスジュール(オレンジ、セロリ、パイナップル、ウチワサボテンなどが入ってます。)
  4. Jugo de piña / パイナップルジュース

価格は20~25ペソとなります。

ジュースを作ってくれている間にタコス屋台に並び、注文する。

タコスが出てきた段階で美味しいジュースと共にいただきます!!!

このレッドオニオンが入ったサルサ(ソース)とレモンの最強タッグ。本物です。

それではGo to heaven!!

Adiós

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA